実は胸が小さいのは家のせいではなく、育

実は胸が小さいのは家のせいではなく、育乳を阻害するような生活習慣を継承している可能性もあります。



とりあえず、食生活に着目して生活習慣を考え直してみましょう。


その上で、胸を大きくするのに良いといわれることを着々とやってみてください。一日や二日で胸を大きくすることはできませんが、継続することによって少しづつバストアップしてくるはずです。



バストアップと肩甲骨とは、深い関係があるといわれます。歪みのある肩甲骨だと血液循環が悪くなり、胸に栄養を十分に届けられません。それだと、胸の成長を妨げてしまうので、肩甲骨の状態を正しく改善して血行を良くしましょう。その上、冷えや凝りといった原因になるとも言われています。

バストアップマッサージを行う際に、かっさプレートを用いると手でマッサージをするより力が行き渡りやすく疲労し難いというメリットがあります。あまり馴染みのない道具なので、どこで売られているのか分からない方もたくさんいるとは思いますが、簡単に通販で手に入ります。またご家庭にあるれんげでも代用可能なため、必ず購入しなければならないというものではありません。


イソフラボンに関する副作用について調査を行いました。イソフラボンは胸を大きくすることなどに効くといわれているので、人気です。しかし、あまりにも多量に摂取しすぎると血中ホルモンの値が高くなるという副作用を発症します。1日分の摂取目安は50mgとなっています。
バストアップの方法は色々ありますが、家にいても出来る方法となると、短期間では効果を得るのは難しいです。



少しづつ地道な努力を続けようとすることが肝要です。それに、バストアップグッズなどを有効利用することにより、早く胸の成長に繋がるかもしれません。


毎日、7時間くらい睡眠をとることも良いとされています。キャベツを食すことでエストロゲンの活発な分泌が可能になり、それがバストアップを促す可能であるかもしれません。



キャベツが含んでいる成分が直接バストアップに一役買う訳ではないので、確実にバストアップでいるとは約束できませんが、その見通しはあるとみなしていいでしょう。
バストアップにはチキンを食べるのがいいといわれています。これは鶏肉にバストアップに不可欠なたんぱく質がいっぱい含まれているからです。また、タンパク質を口に入れないと筋肉を保つことができないので、おっぱいが下がってしまいます。それゆえ、胸を大きくしたいのであれば、チキンを優先的に食してください。お金を使ってエステなどに投資しなくても、自分の家でバストアップの実現のために頑張れることはいろんなやり方があります。


まず第一に、睡眠の見直しです。睡眠不足はなによりも駄目ですし、睡眠の質も、良いものを保たなくてはいけません。


成長ホルモンの分泌が胸の成長を行わせるには必要不可欠ですので、22時から2時の間にはちゃんと寝ているというのを心がけるようにしましょう。バストを大きくするのに有効な生活習慣で最も大事なことはしっかり寝ることです。睡眠が足りないとバストが大きくなりませんので、1日にだいたい7時間睡眠を取るようにしてください。


布団に入る直前にスマホやパソコン、テレビなどを見る習慣はやめて、睡眠の質を向上させるのも大切です。


あまり知られてないことなんですが、肩甲骨をゆるくすると、胸を前に押し出すことができ、バストのサイズを大きく見せられます。肩甲骨の歪んでいるのを直すのに効く方法は、運動およびストレッチです。地道に継続することで、肩甲骨の歪みが良くなり、早ければ約2ヶ月でサイズアップ可能と思われます。

自分がしやすい方法でやってみてくださいね。

関連記事

Copyright (c) 2014 セルノートの最安値は?お得にセルノートを買う方法 All rights reserved.

メニュー